吉島内科クリニック




 2008年4月から40歳〜74歳、健康保険加入者の
特定健康検査・特定保健指導(メタボ検診)実施が義務化されました。

 メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪症候群といい、肥満に加え、高脂血症、高血圧、高血糖のうち2つ以上あてはまる状態のことをさします。「メタボリック」は「代謝」の意味で、代謝異常が起きていることを示します。また、肥満でかつ高脂血症、高血圧、高血糖のうち1項目あてはまる場合をメタボリックシンドローム予備軍とされています。

 これまでの健診は、個々の病気の早期発見・早期治療を目的にしたものでした。特定健康診査は、メタボリックシンドロームに着目した健康診査です。内臓脂肪の蓄積を未然に把握することにより、糖尿病、高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病の予防を図ることを目的としています。

 特定保健指導は、特定健康診査の結果から、生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、生活習慣を見直すサポートを行うものです。

メタボリックシンドロームの診断基準

内臓脂肪の蓄積
腹囲(へそ周り) 男性 85cm以上
女性 90cm以上
(男女ともに、腹部CT検査の内臓脂肪面積が100cm2以上に相当)
内臓脂肪の蓄積をチェックします。肥満の判定によく用いられるBMI(体格指数)ではなく、腹囲で判定します。

内臓脂肪の蓄積に加えて、下記の2つ以上の項目があてはまるとメタボリックシンドロームと診断されます。

脂質異常
中性脂肪
HDLコレステロール
150mg/dL以上
40mg/dL未満
のいずれかまたは両方
メタボリックシンドロームでは、過剰な中性脂肪の増加とHDLコレステロールの減少が問題となります。
高血圧
最高(収縮期)血圧
最低(拡張期)血圧
130mmHg以上
85mmHg以上
のいずれかまたは両方
高血圧症と診断される「最高(収縮期)血圧140mmHg以上/最低(拡張期)血圧90mmHg以上」より低めの数値がメタボリックシンドロームの診断基準となっています。
高血糖
空腹時血糖値 110mg/dL以上
糖尿病と診断される「空腹時血糖値126mg/dL以上」より低めの数値で、「境界型」に分類される糖尿病の一歩手前がメタボリックシンドロームの診断基準となっています。